温泉について 全棟すべて源泉100%掛け流しの温泉です

28.12.10(土)明日、塚原の霜月まつり(通称・甘酒祭り)開催
湯布院町塚原に400年以上前から伝わる霜月まつり(通称・甘酒まつり)が明日塚原で開催されます。収穫に感謝し、地区の平穏を祈る伝統行事です。
午前11時から霧島神社で神事の後、甘酒を振る舞います。甘酒には無病息災のご利益があるとされ、地区内の由布岳パーキングエリアにはスマートインターチェンジもできたので、是非多くの人に来てほしいと祭りの仕込みに集まった地元の方々は言われています。

28.11.27(日)由布岳スマートインターチェンジ開通
爽やかな風が吹き抜ける塚原高原にダイレクトアクセスできるETC専用の大分自動車道「由布岳スマートインターチェンジ(SIC)」が本日午後3時に開通します。

由布岳SICから、見渡す限りの牧場や田園風景、長閑(のどか)で広大な丘陵地が広がる塚原高原はスグです。乗馬やギャラリー巡りも楽しめ、ゆたっりとした時間が流れます。皮膚病に効果が高いと評判の秘湯、塚原温泉もオススメです。
また、城島高原パークやアフリカンサファリは7~8分、由布院温泉の市街地は10分程度でアクセスできます。

車でのお出かけがさらに便利になり、温泉もレジャーもたっぷりと楽しめます。

28.11.23(水)ゆふいん2016音楽祭 秋の夕べ
11.26(土)18:00開演(17:30開場)

1975年大分県中部地震の風評被害を受けて以降、湯布院の夏の風物詩として長年多くの方々と共にクラシック音楽を楽しんで開催されていたゆふいん音楽祭。
2009年に第35回をもって、一旦その歴史に幕を降ろしていました。
2016年、再び、熊本大分地震を受けさまざまな方々から応援励ましをいただき、助けられ愛され育てられているということを実感する中で、このゆふいん音楽祭も復活する運びとなりました。

今年は一夜限りの開催ですが、来年の夏以降には本格的に開催されることになる予定です。

〈お問合せ・チケットのご予約〉
由布院観光総合事務所 TEL0977-85-4464/FAX0977-85-4465
           メール:info@yufuin.gr.jp
9:00~17:00(平日のみ)
当日券は少なくなっておりますので、ご予約をお勧めします。

28.11.23(水)ゆふいん音楽祭、11.26に復活!!
「ゆふいん音楽祭2016 秋の夕べ」が11.26(土)午後6時からに湯布院公民館で開催されます!
第三代音楽監督の河野文昭(チェロ)や小林美恵(バイオリン)、津田裕也(ピアノ)が出演。J.ハイドンやF.メンデルスゾーンらの5曲を披露予定。

ゆふいん音楽祭は、1975年に大分県中部地震による風評被害を受けた由布院温泉で「辻馬車」や「牛喰い絶叫大会」などとともに野外演奏会として始まりました。
2009年に一度幕を閉じていましたが、また熊本大分地震を受け、町の素晴らしさを見つめ直そうと音楽祭開催の機運が高まっていました。
来年夏以降に本格的な再開をめざし、音楽祭が伝える由布院の良さを再確認してもらえるよう取り組みが進んでいます。
チケットは3

28.11.20(日) 由布岳登山
昨日今日と由布岳に登られるお客様が多くいらっしゃるようでした。
今朝早い時間から出発するのでと言われ昨夜から準備されているようでした。
由布岳の頂上から眺める由布院盆地の朝霧は絶景です。

28.11.5(土)湯布院こども音楽祭がありました
第16回ゆふいんこども音楽祭が今年も湯布院公民館で開催されました。
運営にはこどもスタッフも19人参加しており、その中には熊本大分地震で自宅を被災し由布市挾間町に引っ越したが湯布院に7月ごろから通って準備にあたったという人もいました。

昼の部ではソプラノの根之木里理やフルートデュオ「♡Flute(ハートフル)」らが出演。作曲などを手掛ける青島広志はテノールの小野勉とともに登場し、ピアノと軽妙なトークで観客の心をつかんでいました。休憩時間はロビーで久保田冴絵のバイオリン披露がありました。

28.10.30(日)ゆふいんスパ健康マラソンがありました
第26回ゆふいん盆地SPA健康ウォーク&マラソン大会が開催されました。

昨日は健康ウォークの部、本日は健康マラソンの部がありました。
別荘のオーナー様にも毎年参加されている方がおり「今年も完走しました。」と爽やかな笑顔で結果を教えていただきました。

好天にも恵まれ爽やかな風と素晴らしい景色を感じながら過ごせたようです。

28.10.29(土)由布院さんま祭の記事が載りました。
東日本大震災の被災地を支援する第3回由布院さんま祭の記事が大分合同新聞に掲載されました。
湯布院町温湯区の有志で作る由布院一空会主催(大分合同新聞社後援)で湯布院町温湯公民館で10/16(日)のお昼に開催され、岩手県大船渡市から仕入れたサンマ千匹を会員らが炭火で焼いて提供。約一時間半で完売し、会場を訪れた人は秋の味覚や地元の旬の農産物の買い物なども楽しまれていました。
一空会の浦田広会長は「東北から熊本大分地震の支援金が届いた。ありがたく、また恐縮した。東北の被災地を支援したい気持ちは今も変わらず、祭りを今後も続けていきたい。」と話されています。

28.10.26(水)曇ったり雨だったり…
女心と秋の空と言われるように、湯布院のお天気も今日は小雨が降ったりやんだりでした。

5時を過ぎるともう薄暗くなってきています。

だんだんと朝晩は段々と肌寒くなっています。風邪を引かないように暖かくしてお出かけください。


28.10.19(水) 由布岳スマートIC来月27日運用開始
大分自動車道の由布岳スマートインターチェンジ(IC)=由布市湯布院町塚原=の運用が11月27日午後3時から始まります。
 
由布岳スマートICは由布岳パーキングエリア(PA)に設置され、車長12m以下のETC搭載車が上下線とも24時間利用できます。流入流出時はPAを利用できません。

利用料金は普通車の場合、大分ICからが950円・福岡ICからが3310円です。

塚原は特徴のある自然環境が豊かで、周辺にはアフリカンサファリや城島ゆうえんちなどの観光施設もあります。湯布院町中心部の渋滞緩和や災害時の利用なども期待されています。

<<前へ次へ>>